スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カカオマスポリフェノール

今回は、カカオマスポリフェノールについて
書いていきます。

ポリフェノールというのは
ほとんどの植物に含有され、
その数は5,000種以上に及ぶそうです。
光合成によってできる植物の
色素や苦味の成分であり、
植物細胞の生成、活性化などを助ける
働きをもつものです。


その中でも
カカオマスポリフェノールという
言葉を耳にしたことがありますか?

聞いたことがない方でも、
ポリフェノールと言う言葉は何となく
健康食品で聞いたことがあるし、
カカオと言うくらいだから、
チョコレートと関係しているのではないだろうか
と考える人が多いと思います。

カカオマスポリフェノールは、
最近注目され始めている成分で、
主にチョコレートや、ココアの原料となる
カカオ豆に含まれています。

カカオマスポリフェノールは、
動脈硬化やがんなどの原因となる、
有害な活性酸素の働きを抑えたり、
悪玉コレステロールの発生を
防ぐ作用があるため、血液をサラサラにして
結果として動脈硬化の予防に繋がるのです。


ポリフェノール自体は、野菜、赤ワイン、緑茶などにも
含有されてはいますが、チョコレートが
それらより優れているのは、
含有量と体内への吸収率です。

例えば、赤ワイン100mlはポリフェノールを0.3g、
緑茶100mlだと0.1gにしか含んでいませんが、
100gのチョコレートでは0.8g含有しているのです。

またカカオマスポリフェノールには、
これらの効果だけでなく、胃の中のピロリ菌や、
生命にかかわる食中毒の病原性大腸菌である、
有名な「O-157」の増殖を
抑えるという働きもあります。


その他にも虫歯の原因となっている
ミュータンス菌を抑制するため、虫歯を予防したり、
ストレスの解消やアレルギー症状の
緩和などの効果があります。

カカオマスポリフェノールを
チョコレートから摂取するならば、
高カカオ(70%以上)の
ブラックチョコレートを
食べた方が効果的です。

ホワイトチョコレートの中には、
カカオマスポリフェノールを
ほとんど含んでいないものもあります。

カカオマスポリフェノールの含有率は、
高カカオの高級ブラックチョコレートほど
高くなっているのです。

カカオの含有率が高いほど
苦くなります。
カカオ 99% という
チョコレートもありますが
慣れないと食べづらいです。

ポリフェノールの効果を考えて
カカオ70%以上のものを
食べるようにしましょうね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。
スポンサーサイト

theme : 健康食品 サプリメント
genre : ヘルス・ダイエット

tag : サプリメント カカオマスポリフェノール

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

スマイルデジタル08

Author:スマイルデジタル08
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
スポンサーサイト
パーツ
  • seo
ランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。